What's new

お母さんに抱っこされておっぱいを
美味しそうに飲む赤ちゃんを見ていると
幸せをおすそ分けしてもらったようで
とてもあったかい気持ちになります。

赤ちゃんが初めて口にするのはお母さんの
体から湧き出る母乳、そして離乳食にうつります。

その時に直接口に入れたり手で触れる道具は
自然の温もりが感じられるものを用意してあげたいと
思うのです。

小さな時から自然の食材を簡単でもいいから
お家で調理したものを頂き続けると
ちゃんとした味覚が育つと実感しています。

自然の力と美味しさをきちんと感じられる幸せな
食生活を送って欲しいという願いを込めて

用意される「初めての器」 一口椀

image

 

 

 

お食い初めから離乳食、そして少し大きくなったら
小鉢やデザート用に・・と使い続けて
成長して子どもが独立するときに

必要であれば塗り直しをして持たせてあげる、
物心ついた時からずっと使い続けている
器は、そのころにはその子にとって
器以上のものになっています。

お子様用に、出産のお祝いにとても喜ばれる
一品です。

 

一口椀
左から 金泥     ¥ 17,000(税別)

独楽     ¥ 20,000(税別)

本朱 くさび ¥ 17,000 (税別)