What's new

唐紙、京都の唐紙屋さんが新しい試みをされたり
今、その価値が見直されてきています。

唐紙の歴史は古く、奈良時代に伝わり、平安時代に
貴族文化に浸透してその住宅の襖に使われ始めました。

京からかみは版画の1種のようなもので朴の木に
手彫りした伝統文様の版木を使います。
その表面にキラ・胡粉などの絵の具を付けて
和紙・鳥ノ子紙に1枚1枚手作業で文様を
写し出す伝統的な手法です。
(出典:からかみの栞 京からかみ 株式会社 丸二)

 

写真のkarakami kitは丸二さんが所有するたくさんの
版木の中から厳選した文様を縮小して彫り上げた
版木と絵の具・乳鉢などのキットで、

ご自身で摺った唐紙のはがきなどを大切な方へ
お便りにしたりと、愉しめます。

写真は「吉祥」他に「四季」、「茶方」の
版木シリーズがあります。

 

image